« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月26日 (日)

浦佐 毘沙門堂の長寿欅(新潟県南魚沼市)

013浦佐の毘沙門堂によった時に見た欅です。山門に負けず立派なたたずまいでした。

006

| | コメント (0) | トラックバック (0)

穴地の一本杉(新潟県南魚沼市)

030

R291が大崎トンネルに入る手前の穴地へ向かう道への分岐に立っている木です。

樹齢約300年ということですが、周りは田んぼと道路しかないため、一際大きく見えます。独特の味わいのある木でした。

031

| | コメント (0) | トラックバック (0)

六日町中央温泉(新潟県南魚沼市)

032

南魚沼市役所から3、4分のところにある公衆浴場です。お代は250円です。駐車場は1、2台が限界のようです。シャンプー、石鹸はありません。お湯は単純泉だと思うのですが、柔らかくて、とってもいい感じです。掛け流しですし。また、番台に人がいてお金を払うといのもナイスです。とっても感じの良い方でしたし。登山などの際にはまた寄ろうと思います。 いいお湯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水無川サイクリングロード沿いの湧水(新潟県南魚沼市)

019

水無川サイクリングロード沿いにあった湧水です。車ではこれません。コップまでついてます。登山の人達が飲むためでしょうか。水量がかなりあり、冷たかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水無川サイクリングロード(新潟県南魚沼市)

025

越後三山森林公園のキャンプ場を出て、山に登るもよいかと思いましたが、キャンプ場での眠りが浅かったのと、スパッツを持ってこなかったので、雨あがりの山はやだなぁとネガティブな発想になりました。

それならば、キャンプ場に行くときに対岸に見えたサイクリングロードを走ってみたいと思い、浦佐の八色の森公園に車をとめて、自転車で出発。

012

新潟に来て、歩道に十分な広さがあり、自転車も通行可のところが多く、うらやましいなぁと思ってました。

013

さて、水無川左岸沿いに走っていると、「八海山おおくらの森」の案内板がありました。かなりおおきな森で、ウォーキングや八海山の登山道などが載ってました。興味がありましたが、今日の目的ではないので、スルーです。

014

おおくらの森の反対側に、坂本神社の解説板がありました。

015

こちらは興味があったので、よってみました。この神社のまわりは、非常に良い場の雰囲気を感じました。清々しくて、長居したくなりましたが、進みます。

017

さらに進むと、川沿いに出てサイクリングロードになったようです。案内板はなかったのですが、交通標識で自転車専用道の表示がありましたので。

020

サイクリングロードとはいえ、山の中に入ってゆくので、登山の気分です。一方、水無川の方を見ると、釣り人が結構います。そのほとんどが、フライフィッシングのようです。こんなに、フライフィッシングをやる人が集まっているのをはじめてみました。格好いいなぁ。

021サイクリングロードの中に川のような状態になっているとこや、木の実がたくさん落ちているところなど、普通のサイクリングロードでは見ない風景です。面白い!

023

やがて、右岸へ向けて橋がかかっているところがあり、そこで終了のようです。非常に気持ちが良い道でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月25日 (土)

越後三山森林公園キャンプ場(新潟県南魚沼市)

001

先週に引き続きキャンプに行くことにしました。

今回は、越後三山森林公園キャンプ場です。003

南魚沼市の水無川沿いにあるキャンプ場で、無料です。

市役所に聞きましたところ、予約も不要とのこと。ただ、水場はありますが、飲めないので注意してくだいさいねとのことでした。

002

浦佐から県道265に出て、キャンプ場を目指します。人家がある辺あたりまでは、道は広いです。キャンプ場の手前の2kmぐらいが道が狭くなりますが、待避場所もあるので、注意してゆけば大丈夫でしょう。そうそう、一箇所、道が凹んでる場所があるので、そこは要注意です(注意板も出てます。)

005サイトは非常に快適で、5区画分ぐらいはありますでしょうか。先週の笠置山のキャンプ場に続きだれもいません。笠置山キャンプ場は、眼下に六日町がの光がありましたが、こちらは全くの闇です。その分、星がより綺麗に見えます。川の近くなので、川の音がかなりしますが、それも一興な感じです。

しかし、先週に引き続き、星が見えたのしばらくで、真夜中には雨に降られました。そのせいか寝つきがよくありませんでした。もっと誰もいないキャンプ場にも慣れないとだめだなぁ。

朝になると、越後駒ケ岳に登る人達の声や音で目が覚めました。うー、まだ眠い・・・。その後水場を掃除している地元の方々も見ました。ありがたいです。

いいキャンプ場でした。越後駒ヶ岳に登る時にまた来たいです。いつになるやら。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年9月21日 (火)

「リバースオークション戦略」(谷口健太郎 著)

間接材をITを用い見える化を行いリバースオークションによりコスト削減を行う。コスト削減の理由、プロセスがわからやすく書いてあり、勉強になりました。(個人的なポイント)契約管理、契約管理というのはできてそうで、そうでもない部分なので興味深い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月20日 (月)

薄根川サイクリングロード(群馬県沼田市)

017

笠置山のキャンプ場で朝方雨に降られ、登山をあきらめ、群馬に戻ってきました。体動かしたいなぁと思ってましたら、沼田市のR17を走っているときに、「薄根川サイクリングロード」の標識が!!これは神のお導きでしょ。早速、近くの運動公園に車を置き自転車で出発!R17沿い渋川方面に走るとと標識があるので、それに従い走ります。

018

019

標識に従い、R17から離れ、利根川沿いに出ると、サイクリングロードがありました。中間点らしく、どちらに行くか迷いましたが、上流に向かうことにしました。

021

道は、ところどころデコボコした感はありますが、うちの折りたたみのMTBもどきでも問題ありません。

022

利根川から、薄根川沿いに変わりました。しっかし、誰もいません。ロードの人にとっては舗装がイマイチなので、走りずらいのか、それとも距離が短い(?)からか。

024

薄根橋の付近では、堤防上から、下におりて、川沿いを走ります。

027

薄根川を見ると、地層が見れるところがあり、面白いです。近くで見たい気がしますが、川のすぐ上なので、むずかしそう。残念。

028

さらに進むと、戸神山がはっきりと見えてきました。5月には、あそこに登ったと思うと、ちょっとうれしくなります。

029

と思っているのもつかの間、「寺久保橋」のところで道が途切れてます。上流方面はここまでのようです。よし、今度は下流方面だ!引き返して、R17から分かれたとこを過ぎて、下流方面に向かうと・・・

034

ちょっと行った、学校の横で道が途切れてます。どうやら、終了のようです。

033

距離にして3、4kmぐらいでしょうか。自転車よりランニング向きかもしれません。 でも、良い運動になりました!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月19日 (日)

笠置山キャンプ場(新潟県十日町市)

016

無料のキャンプ場で一泊した後、山に登ろうという計画で、十日町にある笠置山キャンプ場に行きました。

林道を走り、「笠置キャンプ場」の表示があったのち、坂を上り走り続けるとダートの道になってしまいました。

015

おかしいぞ!そうか、ダートになる前にコンクリぽい坂道があったので、そこか!戻ると正解でした。004

キャンプ場につくと、車をとめるスペースがあり、そこからは、徒歩です。5分程度歩くのですが、草が生い茂ってます。あんまり人がこないのでしょうか。

006

うーん、今日のキャンプ場にも誰もいないようです。

007

さて、しばらく歩くと、開けた場所に出ました。ここがテントサイトのようです。眺望は素晴らしく眼下に、六日町の町並みが見れました。また、夜は高度があるせいか、涼しく寝袋がないと寒いくらいでした。夜には星が出てましたが、素晴らしかったです。

ですが、ちょっと荒れてる感もありましたので、ネット上の評判にもありましたが、女、子供にはきついかもしれません。私はとっても気に入りましたが。また、来たいです。008

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月17日 (金)

アサヒビール オクトーバーフェスト

003

日比谷公園で行われていたオクトーバーフェストに行きました。前回、アサヒビール主催でないオクトーバーフェストの時は、夜に行けず、昼に行ってソーセージ食べただけでしたので、今回行けたのはうれしかったです。それにしてもすごい人でした。芝生しか座る場所がなかったです。たまたま、キャンプ用のインフレータブルマットを持っていたので、良かったですけどね。日比谷公園で飲めて満足!一緒に行ってくれた人に感謝!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月15日 (水)

「お金は銀行に預けるな」(勝間和代 著)

金融リテラシーの基本について教えてくれる本です。勉強になりました。ネット上の批評にもありましたが、サブプライムによる株価暴落の前に出た本なので、タイミングが悪かったでしょうね。〈個人的なポイント〉年間のリターンは10%はものすごく高い。5%で上出来。タダ飯はない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月14日 (火)

「信玄の戦争」(海上知明 著)

信玄が孫子を学んでおり、その観点から見ると、信玄の天下統一の障害は、農兵の比重の高さでも、都からの距離が遠かったことでもなく、「孫子」が内包する限界によるものである。戦略、戦術的な観点からの説明が多く、既存の常識として説明されてきた事柄が読むうちに崩れてゆくのが、非常に面白かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月13日 (月)

一杯水

036

荒船山の登山道にある湧水です。夏場のせいか、水量は少なかったです。

065

| | コメント (0) | トラックバック (0)

荒船山(西上州、1422m)

023

荒船山は、以前に内山峠の駐車場(約20台駐車可)付近まで来たことがあるのだけど、紅葉の時期もあり、満車でとめられず撤退した覚えがあります。今日は平日なので、誰もきてないと思いきや、4、5台の車がとまってました。さすが日本200名山。

024

登山口は駐車場の奥にあり、そこからすすみます。台風の影響により登山道の一部が、崩れてるとの注意書きがありまし。うーん、不安。

026雨が降った後なので、登山道がところどころぬかるんでました。でも、問題なし!すすみます。登山道からしばらくは、アップダウンの繰り返しですが、、下ると帰りに上りと考えてしまうと、ちょっとへこみます (いかん、マイナス思考だ!)。

029

そんなへこんでるところに、ヤマボウシの実がありました。なんか、元気でました!

030

登山道は、板状の橋があったり、はしごがあったり、結構バラエティに富んでます。これらを設置した方々に感謝!

031

そんなこんなで、岩壁があるところに到着。ここで、休憩します。ほっ。

033

休憩後さらにすすみます。しばらくすると、突然、虎ロープがあるので、なにかと思うと・・・え・・登山道が崩れてます。表層が流出してます。ロープに沿って、流出の上の方から迂回です。こえぇ・・。

041

その後、バテながらも、登り続け、「艫岩展望台」に到着です。

071

うわー!見事な眺望です!天候が不安定なので、遠くまで、見通せませんが、それでもすごい!!風が気持ちいい!!

048

展望台付近は、平坦な道がつづきます。その後、きつかったのは、経塚山(荒船山最高地点)前の10分程度の急登のみです。

051

艫岩展望台付近の登山道には、黒くガラスのような光沢のある石がたくさんあります。これは、荒船山を形作る溶岩が固まったもので、安山岩とのこと。不思議な石だなぁ。

079

下山後、帰りのR254沿いから、荒船山をみました。ほんと、不思議な形の山です。でも、楽しかった。ありがとう荒船山!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

諏訪湖を自転車で一周

004

諏訪湖を自転車で一周したいなぁと以前にも来たことがあるのですが、その際はパンクで撤収という残念な結果になりました。今回リベンジです。下諏訪の艇庫近くに車をとめて、出発です。

005

反時計周りに進んで行くことにしましたが、岡谷市の総合体育館付近だけは、遊歩道や自転車道という感じの道ではありませんでした。

006

ですが、車もあまりこないので、それほど問題なしです。おかや総合福祉センターの前にはD51の機関車がありました。湖岸近くこにあるのが不思議です。009

湖畔公園付近では、また遊歩道が復活です。うーん、快適。

013

しばらくすすむと釜口橋(水門)に到着です。この水門は、天竜川への放水量を調節して、洪水を防ぐ役割を果たしてるとのこと。

014

詳しくは水門横の資料館によってみるとよいと思います。(無料です。)

016

釜口橋の両脇の岡谷湖畔公園は、ネット上の椅子がたくさんあるのですが、その中には寝転がれるタイプもあり、寝てみましたが、中々快適。ただ、ちょっとサビてきてます。塗装したほうがよいのでは・・・

019

進んで、南岸に入るとかりん(マルメロ)並木がありました。果実に袋がかぶせられています。車から見ると、不思議な感じです。

058

一方、湖の藻があるところでは、カルガモやアオサギなどが、活発に動きまわってました。餌がたくさんあるのかな。059

064

そんなこんなで、諏訪湖一周しました。約16kmなので、2時間もあれば十分走れます。また、美術館、温泉なども点在してますので、1日楽しめる湖だと思います。(私は前回のパンクのリベンジなので、走りきるのことを優先しましたが。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »