« 日比谷オクトバーフェスト | トップページ | 「コスト削減の教科書」(村井哲之著) »

2010年5月29日 (土)

鴻巣のポピーと吉見のポンポン山

007

鴻巣のポピーが日本一だと、テレビでやっていたので、運動を兼ねて、吉見の桜堤公園から向かってみます。とりあえず荒川サイクリングロードを北上。

008荒川のサイクリングロードも久しぶりです。天気が怪しいので、雨が降るまでにもどれればいいけど。

050

大芦橋を渡り、吹上、鴻巣側に来て、荒川コスモス街道を南下しはじめますと、コスモアリーナふきあげを過ぎたあたりから、ポピーがあらわれはじめました。

046

見事なのですが、テレビのとなんか違う・・・。でも、いっかあ・・・(後で調べたところ、どうも馬室付近みたいなので、もっと南でしたね。)

014

ということで、吉見町に戻ってきました。

017

「埼玉県の山」に載っていた、ポンポン山に来ました。ここは以前に来たのですが、名前と場所が一致してなかったので、確認でした。

018ポンポン山は公園になっているので、公園側から前は登ったのですが、今日はショートカットで、山道っぽいのを登りました。すぐにつくけど(笑)

053

ここの眺めも結構好きです。手軽ですし。しかし、どうも、ポンポン山に来てから、カラスが一羽うるさかったです。どうも縄張りにしてるようでしたので、注意が必要かも。

056

最後は、八丁湖にきました。以前にいた茶トラの猫を見つけました。

059

と思ったら、猫だらけで、びっくり。増えたのね。

023

桜堤公園に戻ってきました。3時間で30km。まあ、お手軽な運動でした。ところで、桜堤公園にある、この階段。というより階段だけなのですが、目を引きます。

<追記>

翌日に、鴻巣のポピー畑に行って来ました。(今度は間違いないです。)

場所は御成橋の真下でした。

007

さすが、日本一の栽培面積を誇るというだけあり、

一面ポピーだらけで、見事でした。

また、採取できるエリアもあるのが、またうれしい。

駐車場もちゃとあり、車でもこれるようですね。

でも、これだけ有名になってくると、来年以降大変かも。

004

ちなみに、私が一番気に入ったのは、御成橋からの光景でした。ここからだと全体が見渡せて、一面ポピーだらけというのを実感できます。ここは、自転車で来たことのメリットでした。

|

« 日比谷オクトバーフェスト | トップページ | 「コスト削減の教科書」(村井哲之著) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130112/48487292

この記事へのトラックバック一覧です: 鴻巣のポピーと吉見のポンポン山:

« 日比谷オクトバーフェスト | トップページ | 「コスト削減の教科書」(村井哲之著) »