« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月31日 (土)

厚揚げの揚げ出し豆腐風

349 厚揚げが残っていて、どう使うか迷っていたが、同じく残っていた大根を見た瞬間に、揚げ出し豆腐のようにしてみようと思いました。だし汁と小さじ一杯の醤油、みりんを入れたものに、厚揚げを入れて煮込み、さいごに大根おろしと、ネギを刻んだものをのせました。揚げ出し豆腐に比べると、やっぱりちょっと、あっさりしすぎの感はありましたが、まあよしとしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネギチャーシュー

347

市販の焼豚に、ネギを添えて、あまっていた餃子のタレで味付け、簡単ですが、結構いけます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コード巻取り式ヘッドホンのプチ改造

342

コード巻取り式ヘッドホンは非常に重宝しているのですが、カラビナ式のキーリングは、私の使うシーンには合いません。

341

簡単に言うと、ベルト通しのような閉じられた紐がない場所(例えばスーツ着ている時とか)に使う事が多いのです。で、キーホルダーの売り場でこれを見つけたのので、買いました。

343

早速カラビナと変えました。ちょっとネクタイピンぽいですが、これでスーツの時などでもはさめて使えそうです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キッチンの水漏れを修理する

332 キッチンの混合栓の蛇口の先端から水漏れが起きるようになりました。コマを替えれればなおると思うので、近所のホームセンターで買ってきました。アクリルのハンドルも変えようっと。

338

今回交換するエスコマです。1個100円しませんでした。さて作業を始めるため、まずは止水栓で水道の元栓を止めました。339

そして、ハンドルのビスを取り、中のネジをドライバーで外し、ハンドルを取ります。337

次に、モンキーレンチでナットを外します。

336

それから、中のエスコマを交換します。(私の場合、割り箸で取り出しました。)331

後は外す時と反対の作業(ナットを締める→ハンドルをつける→止水栓を開ける)で完了しました。作業時間は約20分程度でした。なおって良かった。本当はシングルレバーの混合栓に変えることも考えましたが、今回はお金の問題でパスでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月30日 (金)

悲しみが止まらない・・・

345

急ぎの書類を貼る為、糊を使おうしたら、こんな事に。悲しみが止まりません・・・・・(;д;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「なぜ、正しく伝わらないのか -戦争にみる情報学研究」(ジョン ヒューズ=ウイルソン著, 柿本 学佳 訳 )

第二次世界大戦時、ドイツ軍情報部は、連合国側の情報操作により、誤った情報を掴まされ、連合国側のノルマンディー上陸を許した。スターリンは自国の情報部が集めた貴重な情報を、先入観や偏見により黙殺し、結果ドイツ軍の攻撃により多数の死者を出した。さらに、2001年アメリカの同時多発テロの前に、CIAやFBIなどのアメリカの情報機関は、予兆と思われる情報を収集していたが、連携・情報の統合がうまくいかず、結果テロを許した。情報の使い方が生死を握る軍部でさえ、情報の収集・分析・運用の各過程で、多くのミスを犯す。そのような状況を淡々と描いていて、ある意味怖くなります。これでは、一般の企業などの組織では、「どうやれば、正しく伝えられるのか?」と聞きたくなります。いずれにしても、引き込まれ、一気に読んでしまった本でした。

<個人的なポイント>

・インテリジェンスサイクル 

 (欲しい情報などの)方向づけ→情報収集→情報照合→解釈→情報の配布→方向づけ

・情報組織というのは、簡単に手に入る情報を信用しない傾向がある。苦労した情報を貴重と考える傾向がある。実際はナンセンス。→一般の人にも当てはまりそう。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月29日 (木)

洋茶屋のお弁当(東京都文京区)

327 今日は、弓町本郷教会のお隣にある洋茶屋さんのお弁当です。のぼり旗を見て買う事にしました。500円で4種類から選べましたが、今日はハンバーグにしました。味はしっかりしていておいしいし、スープとふりかけもつけてくれるのは、ポイント高いです☆ 店内も良い雰囲気でしたので、ランチも一度食べてみたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月28日 (水)

ウィンナーのガーリック炒め

317 家に帰ってからは掃除などやる事満載で、つけは夕飯に出ました。食材がない。。。。。買ってきていたウィンナーとネギ、ニンニクを炒め、醤油とだしの素で味付け。食材がないわりに、まあまあかな??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平本屋の焼き芋(埼玉県川越市)

316 私が冬に川越に行く最大の楽しみは、この焼き芋といっても過言ではありません♪今年も来てしまいました。平日でも、お店には人が入れかわりたちかわり来てます。

つぼ焼きで焼いた焼き芋はホクホクであま~い!!150円で、これだけ満足できるものは中々ありません。(o^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙波東照宮(埼玉県川越市)

313_2 喜多院のお隣にある、仙波東照宮。日光、久能山とともに三大東照宮の一つとのこと。左の随身門は重要文化財でもあります。 さて次は拝殿を見ようっと。

312・・・と思ったら入れません。普段は公開してないようですね。入って見たいですが、葵のご紋には逆らえません(^-^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

氷川神社のケヤキ(埼玉県川越市)

325 免許の更新の後、氷川神社のケヤキを見に行きました。  立派な拝殿に参拝して、奥に行くと・・・

323 ありました!322

ですが、葉が落ちているので、すごさがわからない~!!・・・・・・冬だもの、当たりまえですね。樹齢約600年との事。324

境内はなかなか、良い雰囲気でした。葉が生い茂っている季節にまたこよっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

免許の更新をしてみる

319 今日は仕事を休んで、免許の更新をしました。違反が3点以下だったので、地元の警察でオッケーでした(ラッキー!)。免許もICチップが埋め込まれたようですが、パスポートいい、磁気には気をつけねば。福留功男さんが出ている講習のビデオは、初心にかえってじっくり見ちゃいました。なかなかためになります。次回の講習時には、無事故無違反で行きたいものです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月26日 (月)

Vitaのお弁当(東京都文京区)

309今日は、まるや肉店の菊坂コロッケにも惹かれつつも通りすぎ、本郷小学校の向いにあるVitaのお弁当にしました。店内に入るとお香のような匂いがして、不思議な雰囲気のお店です。味噌汁もついて、お弁当は550円です。メニューは野菜が多くて、味付けも優しい味で、体に良い感じがします。うーん、不思議なお店&お弁当。でも美味しかった。ご馳走さまです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

トワイライトゾーン

306 2週間休みなしの仕事の疲れで、、今日はダラダラ過ごしました。 でも、やっぱり最後は体を動かさないとだめで、夕 方から自転車でプラプラと走ります。 遠くに富士山と秩父の山が見えました。307_3

この鳥居には、照明器具が着いてました。自転車なら昼に、車なら夜に通る場所ですが、夕方から夜に自転車で走ると全く違うものが見えてきます。不思議。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月24日 (土)

「いちばんわかりやすいTCP/IPネットワーク入門」(杉松 秀利著)

ネットワークの基本、TCP/IPを勉強するために読んだ本です。会話型式の部分もあり、確かにわかりやすい本でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火)

せんごくのお弁当(東京都文京区)

Photo 今日のお昼は、西片にある「とんかつ せんごく 本郷店」のお弁当にしました。カツも美味しいし、ご飯もおいしい。このしっかりした味で、値段も500円なので、お得感があります☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

「ブランドビジネス」(三田村蕗子著)

日本人はなぜブランド好きか?かつて世を席捲していたあのブランドを見なくなったのはなぜか?そして街中で、なぜあのブランドばかりを見るのか?ブランドビジネスに関して、多角的に読ませてくれました。ブランド品に疎い私でも、非常に面白かったです。ブランド志向にどっぷり浸かる日本の消費者、客を呼ぶためにブランドに頼りっぱなしの百貨店、それら消費者、百貨店をコントロールしつつ、巨大化するブランドグループ企業。これらの流れは今後も続くのでしょうか、それとも代わって行くのでしょうか。この本では触れられていませんが、不況でも各地のアウトレット施設は好調のようですが、それら施設はブランドビジネスにどのような影響を与えるのでしょうか。家族ぐるみで訪れることにより、次世代に目の肥えた消費者を生み出すことになるのか、それともブランドにコントロールされた消費者を生み出すことになるのか、興味深いところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日)

「宅配便130年戦争」(鷲巣力著)

いまや生活になくてはならないものになった宅配便。それがどのような過程で生まれたのかを、飛脚制度などの歴史の流れをからめて教えてくれます。その中でもメインは、ヤマト運輸が宅急便を生み出すために運輸省と争い、生み出した後も郵政省、郵政公社と競争を繰り広げるという部分です。郵政公社が郵便事業会社となった今もこの争いは続いています。今後はどうなってゆくのか、そしてそれを利用する消費者にとってはどのようなメリットがあるのか、注目してゆきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月15日 (木)

「なぜ、あの人の言い分だけ通るのか?」(佐藤綾子著)

ひとりよがりでなく、他の人を怒らせないで自己主張をする。それって、簡単そうで難しいことです。この本は、その難しいことをどうクリアしてゆくかを教えてくれます。交渉術やコーチングとはまた違う、新しい視点を与えてくれた面白い本でした。

<個人的ポイント>

・他者肯定的自己主張=傾聴+共感+承認+自己主張

・怒りの感情を攻撃的主張に変えないこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月13日 (火)

『世界一わかりやすいIT業界その「しくみ」と「ながれ」』(イノウ「業界研究会」編著)

IT業界に関して、マンガや図などを多用してわかりやすく書いてある本です。マンガや図と文のバランスが良く興味深く読めました。現代社会にはなくてはならないIT業界ですが、常に技術が進歩し続ける大変な業界でもあるなと改めて思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月12日 (月)

滝の入タブの木(埼玉県飯能市)

    292

ずーっと見たかった、滝の入タブの木を見に行くことにしました。駐車場があるかどうか怪しかったので、車は阿須運動公園にとめて、そこから自転車です。県道195、193、221と走り、この場所から飯能パークカントリークラブの方面に入ってゆきます。タブの木の案内も出てます。293

ほどなく、富士浅間神社に到着です。294

案内図を見てから、境内に入ります。303

拝殿でお参りしてから、タブの木を目指します。296

道は整備されていて、歩き安いです。ありがたや。299

このベンチのところまで来れば、後少し。時間は拝殿から15~20分ということろでしょうか。274

見えました。やっぱり、すごい。斜面を一本の木が占拠してます。277

インパクトは、上谷の大クスや、ときがわの姥樫に匹敵するぐらいありました。

278

幹周りも相当太いです。276

県指定天然記念物。樹齢700年。昭和6年に指定されているのも、当時から有名な木だったということでしょうか。287

うん、素晴らしい木でした。 見に来てよかった。288

最後に上から見たショットです。電線の鉄塔とタブの木、不思議な画でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月11日 (日)

今宮神社の龍神木(埼玉県秩父市)

226 埼玉県指定天然記念物。別名、駒つなぎのケヤキ。今宮神社の御神木です。葉が落ちている時期に見ているので、残念ですが、さぞ葉がある時には、迫力があるだろうと思われます。木の前には鳥居もあり、御神木として大切に扱われているのがわかります。227

平成三年にあったことから、龍神木と呼ばれるようになったとは、かなり新しい事ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秩父を自転車でぶらり(埼玉県秩父市)

249 今日こそ二子山へと思ったら、正丸トンネルを越えると雪の後があちこちに。ということで、山をあきらめて、秩父市内を自転車で散策します。10:40 羊山公園に車をとめて、出発です。

250

公園から市内に向かってゆく途中に、「牧水の滝」の表示がありました。 若山牧水って秩父にも来てたのですね。251

でも、残念な事に枯れていました。梅雨の頃なら流れているのを、見れるのかな??

25311:02 影森駅まで来ました。この後、橋立鍾乳洞に行くかどうか迷いましたが、やめて市の中心部に向かいます。225

途中、国道140号から見た武甲山です。雪化粧していて、いつもと違った感じを受けます。 でも、やっぱり削られ方は痛々しいなぁ。254

市内のあちこちに、開運案内板「どこいくべぇ」があります。全部見れたらすごいでしょうね。

11:45 今宮神社を参拝しました。228

12:07 秩父ハープ橋のベンチで一休みです。ハープ橋なんて、なんともおしゃれな名前です。車では通ったことはありますが、自転車では初めてです。歩道にベンチがあることも知りませんでしたし、229

橋から見る町並みがこんなに見事な事も初めて気づきました。259

13:08 国道140号を長瀞方面に向かい、和銅遺跡近くまで来ました。自転車は聖神社近くにとめ、歩きます。道の両脇には地元の方のものと思われる、木の短冊に俳句が書かれていました。おかげで楽しく歩けました。

231

徒歩15分程度で到着です。・・・・和同開珎の碑でかすぎ!!いや~、見に来た甲斐がありました。ここまで、運ぶの大変でしたでしょうね。転がしたのかな?(^-^;

234

碑があるところから、さらに階段で登ると、露天掘り後があります。1300年前にここから銅が発掘されていたなんて、感慨深いものがあります。264

13:46 聖神社まで戻ってきました。神社にも和同開珎がありました。和同開珎の絵馬(?)もありました。なんだかすごーく、ご利益ありそうです。268

秩父中心部に戻ってきました。市内も面白いものがたくさんあり、やっぱり時間が足りない感じでした。(「秩父童子」謎です。ダイダラボッチみたいなものかな??)

269

ですが、車で通っただけではわからないものがたくさんあり、秩父の魅力再発見の日でした!また来ます、秩父!!左のこれはお店横にありました。いろんな意味ですごいですね。うーん、でも魅力的。236

15:33

最後に由緒ある秩父神社に参拝いたしました。237

こちらの神社も素晴らしかったです。すごいぞ秩父。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 9日 (金)

ゆうcafe(東京都文京区)

248

根津の赤札堂の裏にある、ゆうcafeに行きました。お店に入ってランチを注文して、椅子に座っていると、不思議なほど落ち着きます。私は一人でお店に入ると緊張する方だと思うのですが、このお店では不思議と落ち着きました。店内の装飾品、マスターのコーヒーを入れる音、お客さんの会話などが、良い雰囲気を作り出しているのかもしれません。ランチはメニューは、ビーフシチューのみですが、それもまたこのお店の魅力だと思います。このようなお店があるところが根津の魅力ですね。あ、ビーフシチューは、言うまでもなくおいしいですよ☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 7日 (水)

「究極のトレーニング」(石井直方著)

日ごろウエイトトレーニングをしていて、どういうやり方が良いのか、考えてしまう時があります。そこで、この本を読んでみました。マニュアル的なものを予想していたため、予想とは違いましたが、、サプリメント、老化、ダイエットなど幅広い話をトレーニングと組合わせて書かれていたので、面白かったです。巷に蔓延するいろいろなダイエット方法をいろいろ試す前に、このようなスポーツ生理学の本を読むのも、一つの方法かもしれませんね。(1600円ですむし)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日)

ちちぶの水(埼玉県秩父市)

220 道の駅ちちぶにあります。すごい勢いで流れています。隣にある説明坂は剥げていて読めません。残念。ですが、水はおいしかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日向山(埼玉県横瀬町、693m)

19910:27二子山に登るつもりで芦ヶ久保にきましたが、寒そうなのと、年末年始の運動不足明けではきついということで、日向山に急遽変更です。

198日向山はあしがくぼ果樹公園村に隣接していて、案内板もたくさんあり、ありがたいです。200_2

また、車道も整備されていて、果物狩りに来るには、大変便利だと思います。

それにしても、歩いてみると結構な傾斜です。

203

10:35 芦ヶ久保大観音さまです。ふもとからも見えますが、近くで見るとより大きを感じます。206

日向山の登山道は、日が当たるところが多く、冬でも ポカポカして気持ちよい山歩きです。208

11:11 琴平神社横の休憩所に来ました。ここにはトイレもあり、一息つきます。211

琴平神社を越えると、道沿いにフェンスが現れます。獣害を防ぐためのようです。 これだけの物を作ると言うことは、被害大きいということでしょう。大変だと思います。212

11:23 日向山の頂上までかなり近いところまで来たようです。最後に長い木段がありました。黙々と登りました。214

11:54 山頂到着です。

山頂手前で地元の方と話す機会があり、いろいろと興味深い話を聞けました。その方は、丸山まで散歩がてらに歩くことあるそうです。すごい健脚でうらやましいです。215

展望も中々です。ちゃんとしたカメラを持ってこなかったのは、失敗でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土)

フローリングの上張りをしてみる

147

廊下の一部が歩くと沈むようになり、不安なので張り替えることにしました。とはいっても、根太の部分はしっかりしていたので、上張りです。

寸法を測り、フローリング用の板を購入。その時におおまかなカットはしてもらいました。

元の板の上にどんどんはめてゆきます。

194

このような出隅、入隅のは、寸法を測り、のこぎりでおおまかに切り、細かいところはやすりで削って調整しました。プロの方なら、鉋も使うのでしょうが、やっぱり素人なのでこの辺が限界です。

196_2それでも隙間ができた場所があり、そこは爪楊枝を折ってつめ、木工用パテで埋めました。

193とりあえず完成です。雑な部分もありますが、超低コストなので、まあよしとしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »