« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月31日 (土)

大豆のミートソース煮

Ca340005

先月、ミートソースのパワーアップ版を作って、昔、給食で食べたメニューを思い出し、それに近づけたもの。給食で出たのは、大豆をミートソースで煮た物だった(気がする)。で、そのまま作りました。ちょっとさびしいので、コーンとうずらの卵もつけときましょ。まあ、なかなか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月30日 (金)

ヤマボウシ(山法師、ミズキ科)

Ca340001

埼玉県 ふじみ野市にて

白い花が美しい!秋になると独特な甘い実をつけるヤマボウシですが、家の近くにもあると気づきませんでした。よく花が似ているハナミズキは最近見てません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月28日 (水)

「しっかり学ぶ! Excel VBA短期集中講座(VBAマクロ基礎編)」 (早坂清志著)

うーん、Excel VBAは手強いねぇ。昔、いくつかの言語をかじっていたので、すぐに適応できるかと思いましたが、いろいろコマンドが多く、簡単には行きませんでした。今回のこの本もなんとか読み終わりましたが、やはり覚えることが多かったです。「短期集中」と言っても、やっぱりVBAは覚えることがたくさんあるということでしょうね。でも、なんとか最後のページまで行けてよかったです。この本にもお世話になりました。次はやや簡単な本で復習しようかなっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月26日 (月)

「時間とお金をムダにしないで成功する方法」(ジョナサンロビンソン・岡野 守也訳)

仕事、お金、健康、人間関係を成功に導くための技術がいろいろと書かれています。心構えから、健康法まで幅広くて具体的、なかなか面白いです。

<個人的なポイント>

  • 失敗してもチャレンジしたら自分にご褒美。
  • エキスパートと情報交換して時間の節約。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年5月25日 (日)

鷲倉温泉(福島県福島市)

065 土湯峠にある温泉は、どこも素晴らしけど、この温泉も良かったです。硫黄泉と酸性緑礬泉と明らかに違う2種類のお湯に満足。特に酸性緑礬泉は、いままで体感したお湯とは何かが違い不思議な感じでした。(硫黄泉もぬるめでこちらも気持ちいいし。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月24日 (土)

滑川温泉 福島屋(山形県米沢市)

063 滑川温泉 福島屋に泊まりました。国道から約40分、狭い山道を走り辿りつきました。路肩が崩れている場所も少しあり、なかなかドキドキでした。

その甲斐があり、とても良い温泉でした。露天風呂が2種類(混浴、女性専用時間有)と男女別の内湯とも心地良いお湯でした。

それ以上に、働いていらっしゃる人たちの礼儀正しい態度が素晴らしいと思いました。

帰りの道では、団体で歩いている人たちを見ましたが、トレッキングや登山にも良さそうな場所でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月23日 (金)

「ピアノの森 15巻」(一色まこと)

待ってました!本当に待ってました!ショパンコンクールのライバルもたくさん登場し、ますます面白くなってきました。そしてカイの演奏シーンも素晴らしく・・あっという間に読み終わってしまいました。早く次の巻だしてくれー!CD付きの限定版もあったようで通常版買った後で気づきましたので、ちょっと残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「わかりやすく説明する技術」(冨永敦子、綿井雅康 著)

わかりやすくて、さらさら読めました。いろいろな場面、立場で文書・口頭による説明が必要とされる際の技術について書かれてます。文書に比べて、口頭の説明では論理だった構成にならないまま話してしまうことが、私もよくあります。この本はその意味で大変参考になる本でした。

<個人的なポイント>提案書の場合、問題点と解決策の階層を揃える←できてないなぁ。反省。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月22日 (木)

巻きとりヘッドホン

Ca1azolq 通勤用に使っていたたラジオのヘッドホンが壊れた。この手のラジオは巻き取り式のヘッドホンがある意味売りなのに~。ラジオを修理に出すと、買うぐらいかかりそうなので、まきとり式のヘッドホンを買うことにした。

たまに聞く携帯電話の音楽も、いままで使っていた端子と接続して聞くことにしよう。結構便利な予感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「宝石のはなし」(白水晴雄・青木義和共著)

群馬の水晶山に登って以来、鉱石・宝石に興味が出てきた。そこに宝石を操る主人公が活躍する、皆川亮二の漫画「ADAMAS」を読みいよいよ宝石について知りたくなった。かといって、宝石を買えるほど余裕もないので、本で読みました(笑)。この本は宝石の化学的知識をわかりやすく書いてあり、いろんな石について知ることができました。「ADAMAS」に一言でてきた「ホープのダイヤモンド」の事も書いてありましたし、ジブリのアニメ「耳をすませば」で初めて知った「ラピスラズリ」、糸魚川市のヒスイ峡を訪れて以来気になっていた「ヒスイ」など知れて満足です。それにしても人工宝石の技術が、この本の段階(1989年)で想像以上すごいと知り、現在はさらに発展してるのか知りたくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月20日 (火)

「広報100事典」(土橋幸男著)

知り合いが広報のセクションに勤めていて話を聞くことがあるが、広報に全く縁がない私にとっては「???」の世界だったので、読んでみた本。1990年に初版発行の本のため、古さはいなめいが、広報を全般的に解説してあり面白かった。広報というのは、会社のトップ、社内、社外、マスコミ、消費者とそれぞれの価値観の違う人々に対し適切に対応する能力が必要であり、大変な仕事だと感じた。私にはとても勤まらないなぁ。この本が発行されてから18年がたち、インターネットの普及、企業のグローバル化、環境問題等、この本ではあまり触れられていない事項が発生しているので、機会があれば最近の広報関係の本も読んでみたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

マグロのあぶり焼き風ニラ添え

057 マグロを一口サイズに切り、フライパンで色が変わるまで両面を炒める。マグロを皿に移し、続いてニラをしんなりするまで炒め、マグロの上にちらし、最後に焼肉のタレをかける。

焼肉のタレを使ったので、どうなるかと思いましたが、思ったよりあっさりしていておいしかった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

両神温泉薬師の湯(埼玉県秩父郡両神村)

055 目的の神流町の林道が通行止め、そこから国道299号で流れ流れてたどりついたのが、両神温泉。一度も入ってみたことがなかったので、良い機会です。

入浴料は600円、ロッカー、シューズロッカーとも100円返金式です。

まあ、温泉自体は個性的なものでもないですが、建物の前には無料の足湯もあり、両神山登山の人には良さそうです。さすがに道の駅だけあり、野菜の直売所もついてますしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月17日 (土)

カレーチャンチャン焼き

052 チャンチャン焼きを、味噌でなくカレーで作ったどうなるだろうという単純な発想で作成。カレーの分量を間違えたせいもあり、イマイチ。というより、シャケとカレーの組み合わせが私の好みではなかったみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナスのチーズ焼き風煮

054 ナスのチーズ焼きを作ろうと思いスーパーに行ったところ、カレー用のブロック肉が半額・・・・これも使おう。

コンソメスープとトマトジュースでスープを作り、ブロック肉、ナス、チーズと順番に投入。

味はやっぱり、ナスのチーズ焼きの煮物です。欠点は使った鍋にチーズがついて、洗いがちょっと大変。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月15日 (木)

『これならわかる!仕事に使える「数学」』(土屋春仁著)

数学が弱い私ではあるが、最近金融関係の本を何冊か読んだので、やっぱり数学も必要だよなぁと読んだ本。内容は体系だったというより、色んな事柄について数学的な見方を用いて解説してます。オプション、ポートフォリオなど金融関係から、ゲーム理論など経営学、経済波及効果などの経済学まで幅が広いです。あっさりと解説してあるので、わりとすらすら読めましたが、無理数、指数、対数などが出て来ると厳しい!まあ、でも軽く読める項目も多いので、面白かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月11日 (日)

カニ缶煮

044 カニ缶安かったので、煮物に使います。

鶏がらスープにカニ缶の中身を入れ、冷蔵庫にあった、アスパラ、ネギを切って入れました。最後にとろみをつけるため、片栗粉を入れて完成。まあ、よろしんじゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

薬味たくさん納豆

046

ネギ、ニラを刻み、ニラを醤油につけ、納豆を200回かきまぜる。その納豆に、ニラ、ネギ、しらす、生卵を入れて食べました。一度やってみたかったので。味はというと、最初はイマイチな気がしましたが、食べれば食べるほどおいしく感じる不思議な味でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 9日 (金)

ヒトリシズカ(一人静、センリョウカ科)

032 群馬県藤岡市にて

静御前に花をたとえて、ヒトリシズカ。これだけたくさんあると、「ヒトリ」でない!といいたくなるけど、このヒトリとは、茎に花がヒトツという意味らしい。フタリシズカというのもあるらしいけど、見た覚えないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木)

Excel VBAの勉強を始める

EXCEL VBA の勉強を始める。前も少しやっていたのだが、ゴタゴタしていて中断していた。今度こそ、マスターしたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 7日 (水)

「馬の世界史」(本村凌二著)

古代の戦争における戦車から、近代における競馬まで俯瞰的に馬の果たして来た役割について述べた本。馬により情報、物資の伝達のスピードが加速し、文明も発展する。馬がいなかったインカ帝国の運命など、面白くてスラスラ読めました。それにしても作者の先生は、本当に馬が好きなんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 6日 (火)

魚肉ソーセージとコーンの焼きそばソース炒め

041 今日は食材の買出しにいかなかったので、冷蔵庫にあった残りもので2品目。魚肉ソーセージ、缶詰のコーン、水菜を炒め、焼きそば用の余ったソースで味付け。ちょっと甘い感じがしたので、マスタードと黒胡椒で調整。まあまあでしたが、やっぱり味は濃いよねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おなめ版もろきゅう

040 埼玉県秩父地方のもろみみそを「おなめ」と呼ぶようです。そのおなめを使ってもろきゅうを食べました。シンプルだけどおいしい。きゅうり以外に焼きネギも試しましたが、これもなかなか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

かまぼこと水菜とミツバの和え物

020

タイトルどおりだけど、刺身についていたわさびがあったので、わさび醤油で和えました。昨日に引き続き、野生種ぽいミツバがなかなか強力です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨降山(群馬県藤岡市、1012.5m)

017 昨日は山に登れなかったので、今日登ります。神流湖の奥に鎮座する、雨降山に決めました。神流湖から林道に入り、美原トンネルを少し越えると、登山口に到着です。016

   

コース図を見ると、往復で2時間~2時間半というとこでしょうか。036

さらに詳しく読むと、この山は山岳信仰の山ということです。頂上付近になにかあるのかな。

018で、しばらく歩くと、早速鳥居がありました。 杖があったのはありがたいです。

022

雨降山の名に違わずに、雨でその上霧まで発生してます。注意して歩きます。 帰りが怖そう。023_2

1時間も歩くと、かなり上まできました。025

さらに歩くと、またもや鳥居が・・・霧が幻想的な雰囲気を作り出してます。この時だけは、霧に感謝(笑)

026_2

鳥居をくぐると・・・これが、案内図にあった琴平神社の奥宮ですね。029

奥宮からさらに、10分くらい歩くと頂上です。霧で何も見えません(泣)!!034

帰りに登山口付近で見たヤマブキです。何にしろ無事に降りてこれてよかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 4日 (日)

豆腐と水菜のネギのサラダ

013 タイトルどおりの二品目。ドレッシング代わりに、ごま油+塩+七味を使いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カツ煮

014 出かけた帰りの直売所で、ミツバを買ったので、カツ煮を作ることに。スーパーでロースカツを買い、めんつゆとすき焼きのたれをあわせただし汁で煮込む(めんつゆが途中で切れたので、あまっていたすき焼きのたれを使う(苦笑))。最後にミツバを散らす。まあ、適当に作ったわりには、なかなかでした。買ってきたミツバは、野生種に近いような味でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

羽賀山に行くはずが

004 埼玉県越生町にある羽賀山に登るはずが・・・・登山口を間違ったようで、散歩という結果に・・・まあ、森が気持ちよかったので005 、ヨシとしましょう。

ニリンソウの花が綺麗でした。006

これは何の花でしょうか?いまだにわかりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »