« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月31日 (土)

懸賞当選:スーパードライ+グラス

「ご愛飲感謝キャンペーン」で、スーパードライ2本+泡立グラス当選。このキャンペーン当選合計が102万名という、なんとも太っ腹なキャンペーンでした。ありがとう!!Dry

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アスパラとじゃがいもの温泉卵のせ

  1. アスパラとじゃがいもを塩ゆでする。
  2. 上に温泉卵を載せる。
  3. 最後にパルメザンチーズと塩を少々。

簡単な割りにおいしかった。

Onsenaspara_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月22日 (木)

ノウルシ(野漆、トウダイグサ科)

埼玉県川島町にて。

花言葉:控えめ

菜の花が群生して河川敷の堤防を黄色に染め上げている横に、別の黄色の花が。なんだろうと近寄ってみると、ノウルシでした。綺麗だけど、有毒植物。有毒植物だけど、絶滅危惧種。なんとも複雑な植物です。

でも、華やかな菜の花に対して、ノウルシは花言葉どおり、控えめに咲いてました。なんだかそう考えると愛らしく感じます。109

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月14日 (水)

「蟲師」

ベストセラーのコミック「蟲師」の実写版。試写で見たが、原作を読んでいないため、残念ながら話がよく見えなかった。

だが、それ以上に気になったのが、映像だ。とても綺麗な映像だとは思うのだが、何か違和感を感じてしまった。大友監督は100年前の日本に存在しただろう「闇」を描こうとしたということだが、なんだろう、この「闇」は違う気がする。 私が歩いて3、4時間かけて入ると感じる、山や森の「闇」とは違う。何か自動車で1時間くらいの「闇」という感じがした。やっぱり、大友監督には自然や田舎より、都会の現代や未来の「闇」を描いてもらいたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月11日 (日)

群馬サファリパーク(群馬県富岡市)

087_4

・草津温泉からの帰り途中、上信越道、富岡ICから車で15分程度のところにある、群馬サファリパークによる。http://www.safari.co.jp/

・入場料300円(車一台)+入園料大人 1300円(期間限定、埼玉県民割引で半額で入園)+レンジャーツアー 1300円=2900円 で入る。

・サファリパークなど、子供向きかと思いきや・・・楽しい!!レンジャーツアーは、基本料金の他、追加料金として1300円払うのだが、ガイド兼運転手の人が説明はしてくれるし、レンジャーツアー専用車で動物に寄る、寄る、もっと寄る、寄りすぎ!!ないくらい動物に近づきます。1300円、一見高い気がしますが、その価値あり!ありすぎです!!群馬サファリパークに行く人はオススメです。あー面白かった。

099_2

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月10日 (土)

関の湯(群馬県草津町)

・草津を久しぶりに訪れ、「極楽館」に宿を取り、草津の町を散策する。

・湯畑から数分のところに、共同湯「関の湯」はあるが、前から気になっていたが、入ったことなかったので、入ってみる。

・白旗の湯や地蔵の湯などの共同湯は有名だがこの「関の湯」、繁華街にありながら、あんまり知られてない?入った時は誰もいません。

・でも湯船も、2、3人で限界のこじんまりとした湯船。知られない方が良いかな?(笑)。入っていると、通りを歩いている人の声が聞こえたりして、ちょっと不思議な感じです。湯はやっぱり草津のお湯です。良いです。

・泊まった極楽館もすご~く!とっても!良かったし、草津はやっぱり奥が深い!

Sekinoyu_1

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月 2日 (金)

「ハッピーフィート」

 

ハッピーフィートを試写会で見る。子供向けと思いや、ダンスあり、歌あり、恋愛ありと・・・・これって大人向けじゃないの?そう思っていると案の定、近くの席の子供が「まだ終わらないの?」とぐずってました。「ふっ、坊やにはまだ早い映画だな」

さてその話の内容は・・皇帝ペンギンにとって大事な「心の歌」が歌えず、旅にでる主人公マンブル、そこで仲間と出会い、さらに魚が取れなくなった原因の「エイリアン」に会うために、さらに旅にでる。

この映画、スピード感とCGがうまくマッチしていて楽しい。アカデミーのアニメ部門とったのも納得。日本のアニメもすごいと思うが、こういう音楽をからめた映画だとアメリカに分があるような気がする。その音楽は、洋楽に詳しくない私でも、何曲か聞いたことあるような曲があり、ダンスと組み合わせて、非常にうまく使われている。おかげでとっても楽しかった。・・・・・ただ、一点、最後のエンディングへの展開は・・・どうなんでしょ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »