« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月29日 (月)

懸賞当選:ホーロー鍋

070129_16480001 西友とキリンビールの共催懸賞から、ル・クルーゼのホーロー鍋。これはうれしい。料理を頑張らねば。

でも、ル・クルーゼ他にも面白いデザインのがたくさんあり、欲しくなっちゃいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月28日 (日)

大築山、小築山(埼玉県越生町、ときがわ町 486m,448m)

070128_14290001  仕事の疲れで、昨日はダラダラしていたので、今日は少しは体を動かそう。

ということで、前回野末張見晴台に行った時に、気になった大築山(別名 城山)をめざす。あじさい山公園の駐車場から歩くのだが、標高500m以下なので、それほど時間はかからないだろう。

070128_14380001山道を登り案内図を見ると、大築山の前に小築山がある。せっかくなので、登ってみる。 500m以下の山の割りに上りがきつい。

070128_14430002小築山の頂上は、林の中というような感じで、展望はよくない。ちょっと休憩して、続いて大築山に向かう。十数分で大築山に到着。近いね。

070128_15340001_1 大築山は、城山の別名のとおり、戦国時代に北条氏の山城があったということだ。築城の目的は、ときがわ町にある慈光寺を攻略するためということだ。お寺を攻略するために築城するといのも、不思議な感じだが、それだけ昔は宗教が力を持っていたということだろうか。

070128_16000001大築山から下る時に、城の郭であったモロドの郭に寄る。ここからの眺めは非常に良かった。ただ、もうちょっと晴れてればなぁ。 043_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月25日 (木)

懸賞当選:QUOカード

Quo 週刊少年マガジンより、QUOカード四枚セット。ありがとう!うれしいっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月24日 (水)

「幸福な食卓」

試写会を厚生年金会館で見ました。

  • 主人公と転校生(大浦勉学)の初々しい恋。
  • 根が真面目すぎるゆえに、生き方に悩む父さん、兄(ナオちゃん)
  • それら家族の関係に悩み、家を出て近所のアパートに住む母さん
  • 口は悪いが、人に対する見方が深い兄の恋人ヨシコさん

これら6人だけで話はすすみますが、静かに心に入ってくるいい映画です。やはり、2時間という映画の枠で人を描こうとしたら、このくらいの人数が限界なのかなと思ったりもします。

主人公の家庭では、重大な事が話されるのはいつも朝の食卓で、それによって家族にはいつも転機が訪れます。でも、なぜ食卓なのでしょうか?その答えは映画のいくつもの場面に散りばめられています。あるシーンでは、ナオちゃんに責められた父さんは、食事をやめて席を立つ。またあるシーンでは、ナオちゃんの恋人のヨシコさんの突然の訪問に、主人公は、冷たい態度を取る。そうこの家庭では、食卓はそれぞれの感情の表現の場なのでしょう。その食卓を守ることにより、壊れそうになりつつも、ちゃんと絆を再生していく家族。「朝ごはんは、家族が全員そろって食べる」と決めた母さんは、さすが父さんより頭がよかったと自分でいうだけのことはあります。

「幸福な食卓」、どこにでもありそうで、あんがい難しい事なのかもしれません。

そうそう、Mr.Childrenの「くるみ」が主題歌として印象深い使われ方してますが、これもグッド!

←原作も読んでみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年1月17日 (水)

「世界最速のインディアン」

新橋の試写会で見ました。

「アメリカやニュージーランドの、お年寄りを元気づけるための高齢化対策映画じゃないか?」

と思うほど、主人公のじいちゃん(バート・マンロー)は素敵です。

  • 銀行から借金してまで、ニュージーランドから夢であったライダーの聖地アメリカのボンヌヴィル塩平原に渡り、世界記録に挑戦する。
  • いろんな困難にあっても、前向きに人に話し、その人達が助けてくれる。
  • 60歳を越えても「夢をもたない奴は野菜と同じだ!」とのたいます。

こんな魅力的なじいちゃんのモデルが実在したなんで、一度会ってみたかったものです。

この映画は最後の塩平原で記録に挑戦する以外は、旅を続けるロードムービーです。そして、旅の途中で会う人々がみんないい人で、バートが困っているのを助けてくれます。きっとそれは、夢を追い続ける若さと、人生を経験した老練さの両方を持っていて、バートが魅力的だからでしょう。「現実はこんなもんじゃない!」と言いたくなるかもしれないけど、こんなハッピーになる映画があってもいい!!

野菜まではいかなくとも、果物になりかけているかもしれないので、私もがんばろうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月14日 (日)

野末張見晴台(埼玉県越生町)

20070114 中国から帰ってきて、秩父の山に行きたくなり、ぷらっと出かける。あんまり何にも考えなかったため、越生町のあじさい街道の終点から、飯盛峠を目指すが、時間がなく、野末張見晴台でゴール。久しぶりに登山道を歩いたが、やっぱり少しなまってるなぁ。Photo_2 Photo_4

_006_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 8日 (月)

坂田ケ池総合公園(千葉県成田市)

「大和の湯」から、湯冷ましのため、隣接する「坂田ケ池総合公園」を散策。坂田ケ池を中心に、キャンプ場、植物園、野鳥観察所など、なかなか立派な公園でした。 070108_14130001070108_14000002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大和の湯(千葉県成田市)

中国から帰り、成田のホテルに一泊。その後、のんびり車で帰るが、温泉でもないかな~と探していたところ、ガイドブックに成田の温泉を発見、「大和の湯」だ。小学生未満の子供が入れないことや、ジムやセラピー関係の施設を完備していることなど、なかなかこだわりがありそう。お風呂もラディアントバスやジェットバスなど、凝っていて楽しめました。従業員の人の応対も丁寧ですし、これはなかなか。でも、それ以上に久しぶりに日本の温泉うれしかった!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 5日 (金)

中国に行ってみる

初めての海外は中国の北京で、いろいろとインパクとがありました。

  • 車の渋滞と割り込みの凄さ。
  • 水と空気がよくない。
  • オリンピックへ向けての建設ラッシュ。
  • 料理がおいしい!!

初めての海外で、チップの習慣がないのは、ありがたかったなぁ。

_034_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »