« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月31日 (火)

サンプル:ネスレのコーヒー

060131_210701 ネスレからサンプルのコーヒーが送られてきた。

ありがとう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月29日 (日)

嫗仙の滝(群馬県吾妻郡草津町)

_062_061   草津町の中心部から国道292号を1km程度進んだところに、嫗仙の滝への遊歩道の案内板があり、そこから、さらに1.5km程度歩いたところに入口がある。この遊歩道は、2km程度のハイキングコースであるが、冬は積雪があるため、歩くのに向いていない。

_066_059 途中にある案内板には、20分とあったが、雪のため足元がすべりやすく、倍の時間がかかった。(さらに、帰りはきつい上り道が続くため、体力を消耗する。)

_051赤茶色の岩肌を流れる滝。やはり個性的な滝だ。滝だけが風景から浮いている。紅葉や新緑の季節ではさらに違和感を覚えるのではないだろうか。

それにしても、「嫗仙」珍しい名前だ。「嫗(おうな)」とは、老女の事を意味するが、滝を老女の白髪にをみたてたのだろうか、それとも「温泉」が由来か、あるいは両方か。

_058 誰もいないので、ストーブでミネラルウォーターを沸かし、珈琲を飲む。嫗仙の滝を使いたいところだが、硫化水素が溶け込んでいるので、ここの水は飲めない。つくづく不思議な滝だ。珈琲を飲みながら、この異様な滝を改めて見てみた。

_048 やはり女性的な滝かもしれない。独特の色っぽさがある。老女かどうかは、別にしてだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月28日 (土)

ホトケノザ(仏の座、シソ科)

060128_162401 「ホトケノザ」とは言っても、春の七草のホトケノザではない。春の七草のホトケノザ(コオニタビラコ)は、黄色の花をつける。

この食べられないホトケノザだけど、普通は3月以降なのに、1月に咲いているなんて・・・・日当たりが良い場所だからかな?それでも、早すぎでしょう。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セリ(芹、セリ科)

060128_160002冬の何もない田んぼの近くに生えているのを見つけた。結構たくさん生えていたので、少しだけ摘む。

060128_191901 鶏肉の煮込み料理に使わせてもらった。冬の恵みに感謝!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月25日 (水)

懸賞当選:アミノバイタルWチャンス賞

aminobvital アミノバイタルのWチャンス賞が届いた。Wチャンス賞は月ごとに変わるらしく、12月はホテル日航のバスマットと「フェラガモ」バス&シャワージェル。

うれしい!・・・・・けど、このキャンペーンのメインは、ホテル日航の宿泊券なので、そちらも欲しい!!1月にも送ったので、また当たるといいけど。でもWチャンス賞が限界かな。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月14日 (土)

懸賞当選:QUOカード

QUO iタウンページより、QUOカード500円分が送られてきた。うれしい~。ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月12日 (木)

宿谷の滝(埼玉県入間郡毛呂山町)

_039 宿谷川の上流にある滝。上流と言っても、普通に農家が点在する場所から、10分ほど遊歩道を歩いたところにあるので、大変訪れやすい滝だと思う(駐車場も10台近くとめられるし、トイレもちゃんとあるし。)。

見てみると思ったより、りっぱな滝だ。最近は周りが雪景色の滝ばかり見ていたので、このように緑に囲まれている滝を見ると、新鮮な感じがする。私が見ていたときは、人が数人いたが、少し見ただけで帰ってしまった。皆さんお忙しいのね。一人になった私は、「ぼーっ」と長い間見てました。滝の音と、鳥の声、そして風に木が揺れる音・・・・癒されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月10日 (火)

沢渡温泉 共同浴場(群馬県吾妻郡中之条町)

_038 沢渡温泉、日本ロマンチック街道、県道55号線にある温泉。草津、四万、水上温泉ほど派手ではないが、味わいのある温泉。

沢渡温泉は「草津の治し湯」といわれるだけあって、とても肌にやさしい感じがする。泉質はカルシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物。そこの共同湯にはじめて入った。料金は300円。浴室に入ると、二つの湯船がある(それぞれ1m×3mくらいだろうか)。温度が微妙に違うようだ。早速入ると、冷えた体にはちょっと熱く感じるけど、やっぱり沢渡のお湯はやさしい。もう一つの湯船では、地元の人が話をしている。こういう地元の人どうしが話しているというのも、旅館ではない共同湯の独特の風景だ。お湯をよく見ると、小さい湯の花が舞っている。なぜいいお湯なのに、沢渡温泉は有名でないのだろうか?多くの人に知ってほしいような、あんまり有名になってほしくないような複雑な気分。

帰りに外にで建物を撮ったが、ブレた(泣)。しかも、この一枚で電池切れ(泣×2)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 9日 (月)

太子不動滝(群馬県吾妻郡六合村)

_037 R292を長野原町から野反湖方面に向かうと、「太子不動の滝」、「湯久保」という看板があるので、そこを左折し山道をしばらく走ると、崖の上に「太子不動堂」がある。その近くに滝があり、それが「太子不動滝」だ。

_034 滝を真正面から見るには、沢に下りなくてはならない。冬場のため雪が積もっていて、どこからおりて良いかわからない。しばらく考える・・・・やっぱり無理だ。残念だけど、夏にまた来よう。せめて不動堂だけでも見ようと思い、石段を登る。急な斜面に作られていて、凍結していて滑るところがあるので、結構こわい。よくこんなところに、不動堂を建てたものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぶり大根を作ってみる

buridaikon 最近、楽なので鍋ばかりだったが、飽きたのでぶり大根を作ってみた。

しかし、生姜買うの忘れた~!!アクセントとして白ねぎで代用も考えたけど、迷っているうちに、他の料理にとりかかったので、結果的にねぎは使いませんでした。あうのかな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 8日 (日)

不動の滝(群馬県吾妻郡長野原町)

_031 いずれは、ダムに沈むという川原湯温泉。その川原湯温泉から、1.5kmほど歩いたところにある滝。4、5台とめられそうな駐車場もあり、遊歩道も整備されている。(ただし、遊歩道は冬季閉鎖されている。)

_030 名前の由来は・・・・・近くに、お堂があったから、不動明王が祀られているのかな???しかしいつも思うが、「不動」と名前が付く滝は多い。昔の人は、滝の力強さに不動明王の御姿を見出したのだろうか。

_029

滝は3段になっていて、落差は90mくらいあるそうだが、凍っていてよくわからない。滝の下には、若い3人組がいたけど、何か準備をしていたので、アイスクライミングをするのかもしれない。すごいねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 7日 (土)

G-SHOCKの電池交換を頼んでみる

g-shockdennchi G-SHOCKの電池が切れてしまった。カシオテクノの秋葉原サービスステーションに持ち込んだ。値段は、2,520円(消費税込)とのこと。アウトドアで大変世話になっている時計だし、防水等を考えると、これくらいはしょうがない。

わが家の他の腕時計は、全部私が電池交換を行う。そのため、費用は電池代のみで500円から700円くらいだ。そう考えるとG-SHOCKは、なんだか贅沢な時計のように感じてしまう。つくづく私は貧乏性だ(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 5日 (木)

ステンドグラスを加工してみる

_153 月夜野びーどろパークでステンドグラスの加工を体験した。

1.ステンドグラスのカット片に、銅テープを巻く。

2.接合部にフラックスという液を塗り、その後にはんだ付けをする。

3.形が出来たら磨く。

4.ブラックパティーナという液をはんだの部分につけ磨く。はんだが黒く変色したら完成。

文章にしてみるととても単純な作業だけど、初めてやってみるので、とても楽しかった。特に「はんだ付け」なんて久しぶりだったので、なんだか懐かしかったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桃太郎の滝(群馬県吾妻郡中之条町)

_158四万温泉の温泉街入口付近にある滝。車道からもちょっと遠いが見ることできる。落差は7mくらいだろうか、小さなダムに水を落としている。滝の上には遊歩道があり、温泉街へとつながっている。だが、この雪では訪れる人もなく、私が歩いた足跡だけが雪に残っている。この滝の名前の由来は、明確ではないが、滝の形が桃に似ているからだという説があるようだ。

それにしても滝まで距離があるので、私のデジカメでは滝の形をはっきりと撮ることができない。ズーム機能が充実しているデジカメ欲しいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 3日 (火)

四万温泉 上の湯(群馬県吾妻郡中之条町)

_160 一つ前のNHKの朝の連ドラ「ファイト」の舞台にもなっていた、四万温泉。その四万温泉の山口地区にある共同湯を訪れた。四万温泉は雪の三が日のせいか、普段より人が少ない。上の湯の扉を開けてみると、誰もいない・・・・・ラッキー!!

01030009 四万のお湯は基本的に少し熱めな気がするが、駐車場から雪の中歩いてきたので、入ると温かくて気持ちいい!!この共同湯は道路沿いにあるせいか、車が通っている音が時々聞こえる。脱衣所、浴室とも大変綺麗に清掃されていて、とってもうれしい!感謝!!給湯口からはお湯がチョロチョロ流れていて、浴槽に入れるのは、3、4人というところだろうか。それにしても同じ山口地区の露天風呂には、4、5人入ってるのが見えてこちらに来たのだけれど、誰もいないとは・・・・やっぱりラッキー!!とても気持ちよかったので、寸志の箱に少し多めのお金を入れて帰ろう。熱めのお湯が苦手な私も、冬は別。雪の中歩いた甲斐がありました。暖房の効いた車内から、すぐに熱い温泉じゃあんまり気持ちよくないもの(そうじゃない人もいるのだろうけど(苦笑))。やっぱり楽しちゃいけませんね。冬の四万温泉、いいな~。また来ようっと!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 1日 (日)

元旦に自転車で走ってみる

年末の運動不足を解消するために、ちょっと遠くの郵便局に自転車で年賀状を出すに行くことにした。出かけたのが夕方のため、あっという間に日が落ちた。

自転車で町を走ってみると、元旦から電気のついている建物は多いと気づく。スーパー、コンビニ、ファミレスを始め、郵便局、警察、消防、病院など、元旦から働いている人もたくさんいるんだなぁと思う。そういった人々の努力の恩恵を、知らずに私も受けているのだなと感じる。そういう人々に感謝!今年も良い年でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »