« 牟婁の湯(和歌山県西牟婁郡白浜町) | トップページ | 刈場坂峠(埼玉県比企郡都幾川村) »

2005年12月20日 (火)

千畳敷(和歌山県西牟婁郡白浜町)

_104 間に合った。まだ日は落ちていない。千畳敷に着いたのは、日が落ちる少し前だった。前に来た時は、太陽が真上にある時間帯だったので、全然雰囲気が違う。

_032

 千畳敷は砂岩からなる大岩盤だ。柔らかい岩のため、そこら中に、岩を削った落書きがある。とても悲しいことだが、優しいオレンジ色の光は、それさえも一つの魅力的な風景に変えてしまっている。眼下では、沈み行く太陽に抵抗するかのように釣り人が、竿をふっている。呆然と海と太陽を見つめる。周りでも多くの人が見ているが、言葉は少ない。太陽が沈んで行くのが早い。もっと遅くても良いのに・・・・。_034

|

« 牟婁の湯(和歌山県西牟婁郡白浜町) | トップページ | 刈場坂峠(埼玉県比企郡都幾川村) »

コメント

千畳敷伝説、
以前から、岩への落書きが絶えなかったが、それに怒った神様が、未来の二人の間にも深い溝を彫ったそうです。
波で二人の名前が消えるまで、生まれ変わっても溝が残るそうです。

投稿: 神様J | 2006年8月30日 (水) 20時56分

神様Jさま、コメントありがとうございます。中々、面白い話ですね~。

投稿: katsu9999 | 2006年8月30日 (水) 23時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130112/7739461

この記事へのトラックバック一覧です: 千畳敷(和歌山県西牟婁郡白浜町):

« 牟婁の湯(和歌山県西牟婁郡白浜町) | トップページ | 刈場坂峠(埼玉県比企郡都幾川村) »