« 時計の電池交換をしてみる | トップページ | 時計の電池を交換してみる2 »

2005年10月24日 (月)

馬場温泉(宮城県玉造郡鳴子町)

babaonsen 古川から鳴子方面への国道47号線、東鳴子温泉の少し手前にある。一見民家に入ってしまったような感じだが、駐車場がちゃんとあり、10台近くとめられそうだ。

温泉のある建物の中に入ってみると、中はまだ新しく綺麗だ。料金400円を払い、浴場に行く。三角の浴槽も気になるが、やはりモール臭(油臭)が独特だ。ここも東鳴子温泉だと、お湯が主張しているようだ。だが以前訪れた「高友旅館」の黒湯よりは、匂いも成分も穏やかな感じがする。以前はモール臭が苦手だった私も、そのおかげかそれなりに楽しめた(それとも、慣れただけか?)。庭にも、もう一つ温泉があったようだが、雨の中見る気力がわかなかった。

|

« 時計の電池交換をしてみる | トップページ | 時計の電池を交換してみる2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130112/6552405

この記事へのトラックバック一覧です: 馬場温泉(宮城県玉造郡鳴子町):

« 時計の電池交換をしてみる | トップページ | 時計の電池を交換してみる2 »