« 球泉洞(熊本県球磨村) | トップページ | 白根温泉 薬師の湯(群馬県利根郡片品村) »

2005年9月18日 (日)

西武安比奈線跡(埼玉県川越市)

国道16号を走っていると、突然路面に線路が埋まっているところがある。以前から気になっていて、ネットで調べた。西武安比奈線『入間川河川敷きで採取した砂利を運ぶための、大正14年に開業した貨物線、現在は「休止中」』。なるほど、廃線のようだが、一応休止ということで、いずれなんらかの形で復活する可能性があるようだ。面白そうなので、自転車で線路に沿って走ってみることにした。

050918_134302 線路は、西武新宿線南大塚駅から分岐している。南大塚駅はそれほど、大きな駅でもないので、この駅から分岐しているのは驚きだ。安比奈線に並走して走る。駅まわりのマンションや住宅地の中を、この線路は走っている。線路は立入り禁止となっている。そのため、付近の人にとっては、結構やっかいかもしれない。

050918_135201_106やがて、国道16号に出た。いつも見ている、国道にある線路だ。16号を渡り入間川方面に向かって走る。徐々に家が少なくなってくる。休止のためだろうか、鉄道の施設は、線路、架橋等は残っている。廃線跡のような光景を、川越市で見ることができるのは、不思議だ。

050918_140101やがて、雑木林に線路が吸い込まれて行く。私も自転車を降り歩いてみる。あ、カキドオシの匂いがする。木に覆われた線路には、カキドオシがたくさん生えている。本当に、川越とは、思えない光景だ。安比奈線が、本当に復活したら、この光景は見れなくなるのだろうな。なんだか、複雑な気分だ。

|

« 球泉洞(熊本県球磨村) | トップページ | 白根温泉 薬師の湯(群馬県利根郡片品村) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130112/6001464

この記事へのトラックバック一覧です: 西武安比奈線跡(埼玉県川越市):

« 球泉洞(熊本県球磨村) | トップページ | 白根温泉 薬師の湯(群馬県利根郡片品村) »