« 名もなき滝(長野県南佐久郡小海町) | トップページ | 小赤沢温泉 楽養館(長野県下水内郡栄村) »

2005年8月21日 (日)

切明温泉 野天風呂(長野県下水郡栄村)

_088 大学生だろうか、男5人組で、スコップを使い、河原を掘っている。川の水に、湧き出ている温泉を引こうとしているのだ。時間は午前11時をまわっている。簡単なリフォームで済む手作り温泉は、すでに先客が占めている。その状態で、5人が入る湯船を作ろうというのだから、一大工事だ。

私はというと、たまたま空いてた小さい湯船に入ることができた。なかなか温度も快適で、寝湯に近い状態で、のんびりする。ふと、この温泉地までの道程を思い出す。関越を湯沢ICで降り、353、117、405号と国道を渡り歩く。事前に地図でみた時は、「国道だから大丈夫」と高をくくっていたが、いざ来てみれば、405号は狭い道が続く。秘湯への道は甘くない。いや、舗装されているだけでも、さすが国道というべきか。

_080

そんなことを考えながら、湯につかること、40、50分。まだ、5人組みの工事は続いているようだ。「そっちにお湯行っている?」「全然」などとの会話が繰り返される。段取りが悪いのか?工事監督が悪いのか?

だが気づくと、熱いお湯が私の湯船に流れてきた。下流に温泉を流す工事は、成功しつつあるようだ。そろそろ出るタイミングだな。気分良く出るが、さすがに、水着はお湯を吸って重い。また、駐車場横のトイレで着替えなくては。それよりも、重いといえば、405号を戻ると考えると、気が重い。

|

« 名もなき滝(長野県南佐久郡小海町) | トップページ | 小赤沢温泉 楽養館(長野県下水内郡栄村) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130112/5573952

この記事へのトラックバック一覧です: 切明温泉 野天風呂(長野県下水郡栄村):

« 名もなき滝(長野県南佐久郡小海町) | トップページ | 小赤沢温泉 楽養館(長野県下水内郡栄村) »