« バスツアーに参加してみる | トップページ | 上野恩賜公園(東京都台東区) »

2005年8月29日 (月)

大曲全国花火競技大会(秋田県大仙市)

昼花火がポンポンと上がる。煙が美しい模様を描きだしているが、太陽が眩しいため、私の位置からでは見難い。太陽が恨めしい。

ツアー会社が用意した桟敷席は、私の想像よりも狭い。6人で一坪というのは、やはりつらい。だが、これも多くの人がこの大会を見るためだ。しょうがないのだろう。でも、そんなことも夜花火の部になれば、忘れる。

☆桟敷席で使えたもの。不要な物。

  • レジャーシート&座布団:スペースが狭いので、アルミシートのでかいのは、使いにくいのはないだろうか。
  • 虫除け:一応持っていったが、使わず。というより、人がすさまじくいるので、刺される確立は低い??
  • 懐中電灯(ミニライト):夜花火の部、帰り道等使える。
  • 雨具:夜は冷えるので、雨降らずとも防寒具としても使えるものが一番。
  • ソフトクーラーバッグ:ビール、飲み物等を入れておく。ただし、麦酒を飲み過ぎると、トイレの混み方が尋常じゃないため、すごい花火を見逃す可能性があるので、要注意。
  • ゴミ袋:必要。

2

すごい。花火自体も、音も、BGMも。一緒に行った人が、ビールやつまみを買ってきてくれていた。だが、それも花火に意識が行ってしまい、ビールがすすまない。

花火の打ち上げにBGMがついている。不思議な感じだ。が、それもなれてしまえば、構成の一部なのだろう。SMAP、オレンジレンジ、中島みゆき いろいろなBGMがある。どんな人が、どんな思いで選んだのだろうか、あれこれと考えてしまう。

14 会社名が告げられ、BGMが流れ、花火が次々と打ち上げられてゆく。どれも、レベルが高い。時折、会場から「もったいない」という声が漏れる。前の花火の煙が残っていて、上がった花火の一部が消えてしまっている。そう、「もったいない!」。煙が流れるまで、打ち上げ待ってくれよ。自分がツアーで来ていて、時間に制約があるのも忘れ、心から思う。花火師の人達の苦労を思うと自然にそういう感情になる。雨が降っていないことは、とても幸運だか、なまじ晴れても風がほとんどないと、こういう状況になるのか。花火というのは、相当デリケートなものなのだろうか。

しかし、なんという迫力だろう。テレビで見ている花火とは全く違う。夜の部の2時間30分は、あっという間だ。また来たいな。そう思わせる見事な大会だった。花火師の人をはじめとする大会関係者と、連れてっくれてた人に感謝しつつ、会場を後にする。

|

« バスツアーに参加してみる | トップページ | 上野恩賜公園(東京都台東区) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130112/5683366

この記事へのトラックバック一覧です: 大曲全国花火競技大会(秋田県大仙市):

« バスツアーに参加してみる | トップページ | 上野恩賜公園(東京都台東区) »